営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

インターネットに接続する事ができるスマホ・タブレットができる機能の中であまり知られていないのが、ダウンロードしたり調べたりする情報の中に単なる漢字や英語の文字列テキストや風景や建物の写真や映像だけでは無く「人を魅了する魔法の様な情報」が沢山がどこにも無料で落ちています。

素敵な人生の楽しみ方を教え方をしている人もいたり知らなかった料理の仕方や化学実験結果で知らなかった結果を教えてくれたりしますので、とても便利なのですが、騙す目的や誘い込む人がいたり、信用させようと無料で価値のあるスピリチュアルな事を教え、さとして。方向性を決めつけさせる様ないわば洗脳もありますし、抖音(TikTok)/YouTubeショート動画を際限無く子供に見せたりしていると30歳や40歳の大人ですら、一度見はじめたら手が止められない、あらがうことができないほど「ショート動画中毒」は一日平均の視聴時間は120分であると統計が出ているほど、のめり込んでしまうコ映像コンテンツです。

ショート動画の悪い所は意識をせず急に出てきて見ただけの1分は記憶に定着しないのが9話割以上をしめていて、昨日やおとといにどんなショート動画を見たのか?ほとんど覚えていないのが記憶の定着がされていない証拠です。

1日2時間とは言わずとも1時間のショート動画を見ていた場合、1ヶ月で30時間を無駄にしている事になり、大人で言えば働かずに3日間ぼーっとしていた事に相当する時間の使い方にしてしまいます。自分のために学習したり聞いたり見たりするのは冷静に心を落ち着かせて意識をしてから勉強するモードに入り、紙に文字を書くのが1番学習に最適である理由はペン先から書き心地や脳に感触が伝わりより記憶に定着するのでスマホやタブレットでメモしたり学習するよりも効率的であるのは基本的にはご存知だと思います。

【スマホの義務教育】iPhoneの使い方のプロが教える子育て人材育成教育

機械にうとい人はスマホで動画を見たり写真を撮影したりメッセージでやりとりをしたりしかしないので、気がついていない人も多いです。

スマホは数百人の科学研究者が依存させるために考え抜かれて作られていますので、スマホで危険な事をしない様に防止する必要があります。

これから少しづつ何がスマホで可能なのか?スマホの義務教育を通して2年かかるか4年かかるか分かりませんが、知らなければいけない事をご紹介します。

スマホの電話番号でSMS2段階認証ができればアプリやホームページに登録するという行為が成立します。

Googleアカウントがあれば、Facebook/Twitterにログインする事ができれば交流したり海外サイトにもアクセスする事ができます。

友達の中に誰か一人でも2段階認証する事ができる人物がいると「そのスマホ貸してよ!」など、他の家庭のお子様にも迷惑をかけてしまう可能性を作る事になりますので、やってもいい事と悪い事の良否の判断ができない子供に自由にスマホを扱わせるのは注意が必要です。

親権者による「ウェブ利用制限」有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)は欠かせないと言えますし、高校生になるまでにどうして?スマホは親に制限されているのか「本当に使わないといけない人生の時間の使い方」を情操教育(自然や美しいものに感動する人としての心)として幼少期に教えてすり込みしてあげた方が、大人になり道を踏み間違えてしまったりショート動画を1日自由に3時間や5時間など見続けている時に「そうだ、お母さんが時間が無駄になるからやめた方が良いと言っていたもんな・・・。」と潜在意識が思い出させてくれるので良否の判断ができる賢い大人に自立させるためのマインドコントロールが、スマホを全て自由に扱わせない様にするべき子育てとして成功する答えに直結したときに実を結びます。

スマホで出来るアプリや機能を制限しても、15歳や18際になった時には全機能を自由に使う事ができる立派な大人として社会に飛び立つわけです。

スマホの使い方を教える教育とは、スマホは二度と取り返しのつかない時間と人生を奪っていくお金よりも高い価値を失う事になる心身の健康を無限に奪っていく死神ツールである事を教育しなけれスマホのフィルタリングをするだけが解決法にはなりません。

低い優先順位であるのがスマホの教育がフィルタリングです。高い優先順位であるのが辛い事があったり泣きたくなったりした時にスマホに逃げたり動画に逃げて夢を見ているかの様な楽しみ方で嫌な事を忘れようとする方法を選ばせるのでは無く「反省して勉強する」やミスをしたのであれば心から相手に謝罪をして前を向いて経験を積み重ねていく現実を現実だと認識させる教育だと思います。

【スマホの義務教育】iPhoneの使い方のプロが教える子育て人材育成教育

指導者として責任者として何が一番大切かと考えると、ご飯の食べ方や言葉の使い方や物の片付けの仕方などお店で働く中での作業方法が教育者として最重要な今すぐ教える事では無く、誰かに迷惑をかけたり途中ですぐに諦めてしまう癖をつけない事だと思います。あとはなんとなく勉強も作業もミスや失敗を繰り返して覚えていけば十分課題は達成し続けていると思います。

お父さんのエゴとお母さんのエゴの意義主張の食い違いがあり、理想の押し付けをしてしまう教育の中で社長の意見の方が会社を設立して見知り接している責任感が強いですが、副社長や専務の意見が重要になるので役職がある人も苦労して自分のエゴにならないように知識や考えた結論を論議して会社の方向性をどうしたら良いか?何をして行くのがベストか?未来予想するのは社長がお母さんで専務がお父さんのようなバランスを取るために手助けをする一つの家庭と同じ仕組みであると感じます。

インターネットに接続する事ができるスマホを自由に使わせてしまうと、危険なアルバイトや性的に満足してしまうアダルトコンテンツが当たり前になってしまうと、異性と交流する必要性を感じなくなるやゲームをして動画を見れば友達を作る必要を感じなくなる大人になり、引きこもりになるや派遣アルバイトですら満足に働く事ができない無知で努力しない人形にしてしまう可能性があります。

会社を自由に無法地帯にしない様にルールを決めたり生産性のある人生をみんなで進めるためには、ある程度のセキュリティー対策は欠かせませんので子育てに正解や答えはありませんし親が全て子供のやりたい事を束縛したとしても悪いとは思いますが、どの様な子育てをしても全部正解なのかもしれません。

iPhoneスマホ屋さんでお客様の端末を壊したり点検をサボったり汚い粗悪な仕事をすると、怒りますし、子育てでもしつけはするべきかと思います。

その人の持っている輝きを見つけて成長させる、一つの花がどうやったら開いていくのか精一杯応援してあげたら不幸になる事は絶対にありえません。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA