営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

OPPO R17 Neo / Oppo R15x と共通の OPPO Reno A バッテリー型番:BLP689 のバッテリー販売と取り替え交換修理します!!この一つのバッテリーでOPPOメーカー3機種に対応してくれますのでお店で在庫しておく事ができますので修理料金も安くすることができますので便利です!!

OPPO Reno A 20,000円でSIMフリー本体が新品販売していますすぐに購入できます販売されている価格と比較してバッテリー交換修理と画面交換修理の料金は9,000円をめどにしています。修理の作業はバックパネルを優しく分解して適温ほどであたため時間をかけて分離作業を進めていきます。

バックパネルが取り外せたらあとは大丈夫!!と思ってしまってはいけません。バックパネルをはがす工程が一番に重要なのです。あたためすぎて調子に乗ってヘラを勢いよく入れてしまうと割れてしまいますので弁償しなくてはいけませんし、自分で修理を挑戦されるお方はバキバキに割れた背面バックパネルのままで利用することになるでしょう。

背面のバックパネルを適温であたためて優しく丁寧に時間をかけて分解作業の工程を進めてください。慎重で丁寧にです。ミネシマヘラについても活用して使い、ミネシマヘラをスマホに挿入した事が無いお方は当店の別のAndroidスマホの分解動画を見てイメージを膨らませてください。ROG Phoneで検索してください、その他Androidで分解動画を参考にして冷静でけんきょな落ち着いた修理を実行されてください。何か調子が悪いや気分が悪いなど異常を感じたら停止したり別の手順を検討してください、これも修理している自分に違和感があるということに気がつくためには経験が必要になりますので初めて修理を自分でされるお方はご参考程度にされてください。

ここまで脅かして怖がらせて説明しましたが、バックパネルがキレイにはずれたらあとは意外と簡単なんです。バッテリーが固定されている緑色のテープを持ち上げればペロンとバッテリーが取り出せますのでそれもゆっくりとしていただければ、2,500円ほどで当店からバッテリーをご購入いただいて取り替え分解をしていただければ十分に安く修理が実行できます。

しかし常に自分ではじめて修理をすると絶対に8割がた壊してしまう、バッテリーを取り出そうと力を入れたら画面を割ってしまったなど、バックパネルを閉じようとしたら挟みすぎてテーブル押し付けすぎて画面を破損させてしまうこともめずらしくありません。

壊してしまった場合、データが取り出せなくなってしまうことも考えられます。

ご友人や会社の上司のスマホを分解したり修理をする際にはまずは当店の利用規約を印刷して「このような注意点がありますのでご了承ください。」と説明した後に考えられる異常事態が発生した事を前もって考えてバックアップを自分でちゃんと保存してくださいと案内をしてから他人様の端末の修理を実行されてください。慎重にぬかりが無いようにできる限りの事は前もって準備してから0.1%でも手作業の修理作業が破損させたりパーツが壊れている可能性が3%あったり、作業中にパーツを破損させる事も8%可能性があったりしますので十分に可能性がありますので必ず信頼を得て良い修理を実行して終了するために当店の申込書や利用規約をご自由に活用して当店の名前の部分などは自分のものに変更したりして再利用してください。

OPPO Reno A BLP689 バッテリー販売と交換修理

バッテリーのデザインについては、ロゴマークもメーカーマークがあると良い場合と悪い場合があります。

いずれもあまり変わらないようにも思えますが可能であればメーカーのロゴマークがある信頼できる可能性が高いバッテリーを実際には使いたいですよね。当店はいずれにせよ互換性バッテリーであると説明しておりますがOPPOとメーカーロゴと記載がある方が品質については信頼できそうなイメージがありますが、HUAWEI/OPPO/ASUS/Galaxy/Xperiaなどであれば中国の大きな工場から出荷されていることと計測して電解水の取り扱いや製造工程について説明をしてくれる会社さんであればいくらか信頼できると思います。SSSランクやA+++ランクであるなど性能や仕様の説明になっていない意味分からないことを説明する人からはあまり買わないようにするか販売価格が安いのであれば、それ相応に取引をすると良いと思います。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。