営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPhone 12 /iPad Air 4,5世代 A14 CPUリボールステンシルとして見た目も良いので購入した【RB-02】を使っているのですが、実際の作業現場ではもうそろそろ時代遅れの古い機材になりました。

リンゴマークフリーズ、iTunesリカバリーモードはCPUを取り外してショートしているボンディングパッド接点を確認しないと故障を改善する事ができませんので何度か使ったのですが作業が難航して上手に簡単に作業をお客様に提供する事ができない場合もありこれは私の技術不足です。

同じ様にロジックボード修理をしようとされるお方に向けても一緒に難しい修理作業を研究したいですし可能な限り一緒仲良くしたいと願っています。

自分の知識を増加させるために忘れない様にと今後未来に一緒に仕事で協力を求める知識の一部の提供をメモとして説明させてください。

CPUのリボールはお店に余っている iPhone 5 / iPad mini 2 / Androidスマホ機種でも特訓は可能ですから空いた時間や休みの日に練習すると沢山の気づきがあります。作業を覚えるためには仕事中の空き時間の余白を作ります。

8時間勤務の中に6時間ほどの作業時間を予定していると雑務や掃除など片付けもありますから7時間は働く様に見込みをしておきます。

1時間や2時間の毎日の作業訓練する時間スケジュールを作り出し会社で労働マシンだけにならない様に仕事の流れ作業に慣れたら十分な実績売り上げを出して、自分が自由に使える1日の余白時間を作ります。

作業を早く終わらせたり、依頼を完璧にキレイに終わらせて顧客対応するコミュニケーションの技術やパソコン軽作業やBLOGを毎日更新するなど基本的なシンプルな1日のやる事作業ができる必要があります。

会社の時間を正当に盗み1時間から2時間をロジックボード修理に使うためには実現するやり方の一つです。または自宅で練習する方が実現しやすくなります。

CPUリボールは4時間ほど一回の作業に使う事になります。手早く成功率が高くて2時間では最初は終わらないはずです。

ロジックボードの修理を3時間や6時間した後には人間はどういう反応をするか?病院の先生に質問をこれからまとめています。真剣に相談しているのでマイクロスコープを操作する人に対しては100%明確な回答をもらう事が私はありがたい事に社交的なので比較的にできます。4時間や8時間の長時間の顕微鏡の作業をして難解な不可能な手術を指先で人間の限界以上にまで挑んでいる人は思考回路と精神異常をきたします。症状は他人とのコミュニケーションを取る事ができないや会話をする事ができなくなる過集中による注意欠陥が発生し声が聞こえないや声が出ないなど無気力になり自由に身体を操縦する事が困難になります。基本的には1時間の休息や2時間の休憩が必要なほど深刻なダメージを負う事がありますので集中して作業をする人は2時間以上のマイクロスコープの作業になる場合には90分で停止させてしまい15分以上の休憩をしないと身体に悪影響な障害が生まれます。10時間や14時間の作業を連日すると明らかに脳に深刻で依存危険がある障害が長期間残りますのでやめてください。また別の記事や動画で対策について専門家の意見をふまえて解説します。

4時間を何度も作業に時間をかけても失敗を連続させるはずです。成功させるためにはお金も時間も必要になりますのでモチベーションを下げる訳ではありませんが会社の時間を使いながら練習にあてがい時間通りに集中力を自由に1時間だけや疲れた夜に開始したり自分を効率良く操作する事は通常ポピュラーな人にはできません。

休みの日に自主練習するのが一般的に成功しそうですが出勤する時や帰宅する際など、休日の日に毎日コツコツとリボール作業で必要な作業手順と必要機材の値段などを調べながらゆっくりと用意をするのが実現までのプロセスで必ず誰もが通る調べ方で現実に成功させるための進め方です。

Martview RB-02 RB02 7in1 CPU Reballing Stencil Full Set は2年前に発売された2021年〜2022年上半期に人気であった商品になり2023年の下半期である現在に購入する場合には「A16/A17」に対応するステンシルの追加がありません。iPhone 14 Pro Maxのフリーズ起動しない修理でCPUのリボールができないという事に現実に遭遇して物足りなさ「また別の商品を買わないといけない」不便さを感じました。CPUリボールステンシルが無いと作業すら開始できないからです。

iPhone データ復旧基板修理の知識・CPUリボールステンシルA17の選び方
iPhone データ復旧基板修理の知識・CPUリボールステンシルA17の選び方

Relife RL-601MA / MAant C1 Magnet Tin Planting Platform For iPhone A8-A17 が上記の写真の商品になりますが、MiJing Z21 Max CPU IC Chip Reballing Stencil Stationという商品がありますので、このあたりが今後のステンシルのみの発売にも対応しているユニバーサル対応で追加ステンシルにも応用する事ができるバネで挟み込んで固定する事ができ磁気でステンシルが固定される仕組みとして一般的です。

Hisilicon Huawei Android Quad-core CPU に対応しているステンシルが無いとファーウェイ機種に対応する事ができない可能性がありますが、実際にはiPhoneのCPU修理すらまともにできないので80%でも成功させるために不必要なステンシルの対応であると私は思います。

iPhone 6 や iPad mini 4 機種CPUに対応しているリボールステンシルですらまともに使えないのに、練習でいくらでも便利に活用する事ができるはずであるのに、なにを勝ちほこったかの様に天才ハッカーのふりを気取り偉そうに最新機種の A17 Pro CPU ステンシルを吟味しようとしているのか自分に対して自分が利己的で情けなくなります。

とにかく成功させて、とにかく8万円でも5万円でも稼がないとただの趣味でロジックボード修理の機材を購入する事になりますので練習や訓練をするのにユニバーサル対応の機材であれば色々と広い範囲の機種を修理する事ができて損をしないと考えがちですが、2023年の現在でも私はRB-02を取り扱い基本的なiPhone 11やiPad mini 4を修理をする事ができるのであれば需要や修理の要望は多い機種ですので、たくさん依頼があれば一番使い勝手が良く実現できる可能性がありますので、今現状のCPUリボール機材と合わせてお金を使って新しいこれらの機材を今すぐに買うべきかまだ悩んでいます。

iPhone SE 3 (2022) A15 Bionic が搭載されており、RB-02では対応する事ができない事が増えてきました。iPhone 13 シリーズと同じCPUになりますのでシングルボードで作業がしやすいので修理成功率はダブルスタックボードである二層式のマザーボード端末比較して半分の労力で結果を出す事ができ格段に今すぐに10万円の依頼完了という現金にしやすいですから対応しているCPUステンシルが無いと再起動を繰り返すなどの修理は100%成功させる事は望めません。

話はそれますが教えたいのは、私は従業員や親しい人とCPU/メモリのメーカー銘柄の暗記や情報通の様な会話を専門用語を交えてするのが苦手です。

クアッドコアやクアルコムという名詞を使うということは、その先の会話をしないと私たちプロに必ず必要以上のコミュニケーションになり論破されてしまうので、最初からCPUとメモリという以外の説明の範囲でとどめて使わない様にしています。

ロジックボードの修理をしている人同士であれば具体的な型番を言い始めたら、精神異常者の様な会話になるからイコール、コミュニケーション不足が発生するのです。心臓部のCPUが・・・。メモリ16GBが・・・。程度にとどめないとそれ以上の会話は合理的では無くパソコンマニアとかキモいおじさんと思われてしまい無価値なのです。お客様に意味の分からない失礼な会話をする事になるでしょうからうざいやつになるはずだからやめた方が良いと確証があります。

自分の楽しみや自分のお金に重要視をするんじゃない。お客様や大切にしたい家族と友達を思い出せ。ロジックボード修理をするなら愛と正義を主軸におくのだ。

これは私の持論ですがコンピューターの修理をする人の苦労は知っておりますので私は結果を出して明らかにネットやBLOGで放送するだけです。それが価値です。

できないのであれば私に価値が無いだけです。

無価値か有益かは私が判断することではありません。

他人が勝手にやればいいだけの事でペコペコ頭を下げたりすることは私はしません。ロジックボード修理をそんな釣り宣伝では通用しない事だけは信じています。これからも真実を探求します。

どんな機材がリリースされたとしても実力不足で買っても無駄な買い物にしてしまう経営が下手くそで実力不足が明らかであり購入を急がない言い訳をする原因です。目標に対して達成するためのプロセスとは何か?なんとなくで後回しにするのではなくコツコツと成長するのが日本の電子機器の未来を明るくする可能性があり、暗闇の中に極小さい一筋の光が見えます。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA