営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

Vision Proゴーグルはケーブルが断線して充電バッテリーから給電されなくなってしまったり、落下の衝撃でゴーグルガラスの表面がひび割れができてしまったり水没で故障させてしまう事もあり、時として全く何もしていないのに起動しなくなる故障をする場合もあります。

まずは故障原因がVision Pro本体端末が破損している事が原因であるのか、充電ケーブルやスイッチ押しボタンが潰れてへこんでいることで主電源を投入する事ができないのか判断しなければいけません。

PlayStation VR / Meta Quest 3 VRゴーグルなどのどんな機種でもまずは取り扱える交換パーツがあるのか等を含めた納期と料金について、故障修理やケーブルの断線修理など中古端末の買取はお気軽にメールやLINEトークからお問い合わせ頂けます。

通常では正常に充電バッテリーケーブルから長く伸びてケーブルで接続されている銀色のモバイルバッテリーの様な形状をしているVision Proバッテリーの本体に接続されて給電を開始しているのであればバッテリーが点灯しUSB-Cポートから給電を開始する合図が表示されます。

バッテリーに問題がない場合にはVision Proゴーグル本体まで伸びているバッテリー接続ケーブルに異常が無いか切れていたり折れたりしていないか目視で確認して弱っている部分がある場合には、そちらが故障原因かもしれません。

Vision Proゴーグル本体が故障している場合には民間の非正規修理店に注文する場合にはおよその本日現在の感覚では(2024/02/01)88,000円から250,000円ほどが修理の相場になります。

Vision Pro AR/VR ゴーグル起動しない充電できない故障修理店

壊れている端末を20,000円から150,000円の間でジャンク品買取をご提供しておりますので直せる見込みがない場合にはご検討ください。

まずは修理をしてくれる故障を診断するためにAppleサポートに問い合わせをしてみると、基本的にはハッキリと無料で直してくれるや23,000円で直せると教えてくれる可能性というのはAppleCare+に加入している条件が満たされている場合のみで、郵送やAppleストアに直接提出をして修理見積もりをしてもらい、Appleストアではお客様の故障した端末を詳しく数時間かけて分解修理の作業をする事はほとんどありません。というか一切ありません。

Vision ProのAppleCare+の加入条件はとても高額で、2年間499ドル(約74,000円)でディスプレイ修理と不具合や起動しないなど水没修理なども含まれると思いますが、その他の修理という項目ではAppleCare+の加入追加で修理の依頼時に99ドル(約44,000円)まで修理費用を請求されます。

Vision Pro AR/VR ゴーグル起動しない充電できない故障修理店

AppleCare+に加入しても修理費用を支払いしなければならず合計としては結局は120,000円は最低でもAppleCare+に費用を支払いしなければいけない可能性はありますが、AppleCare+に加入していなければ「新しい端末を買ってくださいね。」となる可能性が非常に高い事になります。

勝手な意見ですが、私はAppleCare+には加入しないでしょう。

壊れたらとりあえず諦めて、Vision Pro 3 などが発売されるのを待つと思うからです。どのような操作感覚かが分かれば、そんなに依存して所有している必要はないはずで、生活上で仕事上で必須デバイスであるとは考えられ無いと考えるからです。

Cracked cover glass(カバーガラスの損傷)、Other damage(その他損傷)の2つの修理料金の項目のみがApple公式サイトで確認する事ができます。

表面のカバーガラスの損傷の場合には799ドル(約12万)、その他損傷の場合には2399ドル(約35万)と現状では表記されています。

Apple Vision Pro 取り替え交換用のバッテリーは199ドル(約3万)単品で別売されています。

現状では日本国内でバッテリーは販売されていませんので、海外から注文するとなると7日〜20日の到着日数がかかるかもしれません、もしかすると日本でのVision Pro本体の発売は遅れて4月頃からとなる可能性があり現状では予定は公表されておらず未定です。

基本的には室内で利用すると思いますが、外出先でバッテリー駆動で連続使用する場合には複数点を購入することもありますし破損した場合には取り寄せする事ができます。

Vision ProのApple公式サイトから修理料金が案内されていますので確認する事ができます。

Apple Officeal Vision Pro Repair

Apple Vision Pro Battery Price

知識も経験も非常に高度なテクニックが無いと分解した所で問題の改善が見込めない可能性が当店であっても直せない可能性がiPhone/iPadなどと比較すると高くなる機種になりますので、取り替え交換用のパーツ部品も、現状では入手難易度が高く、R1/M1CPUに基づくデュアルコア製品はApple製品では谷類が無い状況ですので、半導体ICチップやパーツ単品の仕入れをするというよりも手元にある中古ジャンク品からパーツを再利用する事が手早くて現実的になる、修理の依頼も需要も供給も少ない「修理取り扱い難易度がもっとも高い」複雑で作業途中に難解な問題にぶつかり修理トラブルになりやすい機種になります。

Vision Pro AR/VR ゴーグル起動しない充電できない故障修理店

充電ケーブルが破損しているのか?電源押しボタンが潰れてしまっているだけなのか代わりのケーブルが無いと確かめようが無い可能性もありますので、Appleストアが近くにあれば判別してもらえますがそうで無い場合にはVision Proの故障修理をしている専門的なお店に修理の依頼が可能であるのか相談してみるしかありません。

または友達がVision Proを所有していれば望ましいのですが、可能性は低いはずです。

Vision Proの内部構造はバーチャルボーイなどと似ているのですが、フォルムが丸みを帯びていますのでするどいヘラなどを挿入するとキズや修理痕跡が残る可能性が非常に高いです。

VRゴーグル=Virtual Reality(バーチャル・リアリティー)仮想現実
ARゴーグル=Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティー)拡張現実

ARは見える部屋やテーブルの上にキャラクターが動いてちょこちょこテーブルの上を歩いて配置されたり、Vision Proで出来る機能になりますが、見えている実際の現実の目の前の環境・状況に、デジタル映像が追加された情報が表示されている、コンテンツを現実にある手の上などの世界に重ね合わせて表示する映像になります。

VRは全く現実で見ることができる映像と重ねるものでは無く、全てデジタルで生成されたコンピューターによって創造し創り出された仮想的な別世界の空間などを疑似体験する事ができる、全てがデジタルコンテンツで操作や見る事ができる映像になります。

MR(複合現実)技術に対応することも可能で、ARだけの機能がVision Proで可能なわけではありません。さらに知覚できる技術を「XR(Cross Reality)」現実の物理空間と仮想空間をアニメーションやグラフなどで表現する事ができる融合が可能になっていますので、Microsoft Office 製品もVision Proからアプリがリリースされる事が決定しています。

VR・AR・MR・XRと4つのデジタルビジョンコンテンツの種類があり、具体的な違いの定義は理解していませんが、まだ流行したり普段当たり前にある製品として認知されていない発展途上であるモーションコントロール、モーションキャプチャ製品については、もしかしたらすぐ一般家庭にも普及したり医療や遠隔リモートでの作業でクライアントからの依頼を達成できお金が稼げたり業務として確立した時に思いがけない効果を引き出すのではないかと注目されています。

アニメや映画を楽しむだけでは無く、仕事や映像制作のクリエイティブな創作なども業務としてできるようになりますので、遠方から誰か他人の手術やiPhone修理もロボットを動かしてできるようになる未来はまた近づいたと同時に、作業ができない知識に貧しい人は仕事がロボットに奪われていくシンギュラリティー(技術的特異点)にも近づいたとも言えます。

シミュレーションした環境で現実の環境を拡張するVision Proを含めたARテクノロジーです。対してVRは、環境全体をシュミレーションし、ユーザーの世界を仮想的な世界に置き換えるテクノロジーを指します。

日本の修理業をされているお方の中には時代の進化に追従しない人が、新しい製品が発売されるとうんざりして恐怖する気持ちになる人が大半で過半数より多くなります。

自分ができる許容範囲が広い人と仕事に応用する事ができますのでとても楽しくてワクワクする発見なはずなのに、難しいや意味が分からない製品が発売されると拒否反応が自然と出てきてしまう人が多いです。

これまでの見知った存在にしか目を向けようとしない未来の製品に対して興味と調査の見識を深めない探究心が狭い人と、自分にはできないなどの固定概念がある人は趣味や仕事として主軸を修理の仕事として重きを置いていないから、私たちと価値観がズレてくるのは当然でごく自然な事です。

Vision Pro AR/VR ゴーグル水没起動しない故障修理店

強力な接着剤でゴーグルガラスが固定されており内側から数本のネジ固定ボルトで止められています。ゴーグルガラスを傷付けずに取り外すためにはアルコールやIPAなどの強力な有機溶剤で接着剤を溶解しながら、かつ温風ドライヤーをあてて加熱してガラスを一切変形させる事なく分解を開始しなければ50万円の1500USDで購入した商品が歪んで仕上がったり汚い仕上がりであると、利用するユーザーはハッキリいうとお金持ちしか使わないので芸能人や社長さんばかりです、文句は言わないはずですが、またこの店をみんなに紹介して再度何か機器の故障で困った際には使いたいと思わないでしょう。

故障原因としては簡単な物理破損をしているパーツ交換が必要または半導体の破損などが多いと思いますが、連続使用によりCPUが破損していたり全く通電していない可能性がありますので、テスターの使い方とは数年間は練習するとして、サーモグラフィー赤外線カメラの購入と使い方のコツを修練する数年の準備と、もっとより細かい作業が必要な言われた事やネットで調べただけの知識だけでは通用しない新しい問題特定をしなければならない特殊シーンも考えられますので、PCD短絡ショートを検出するためのロジンディスペンサーなども場合によっては利用する可能性がありますので入念に用意をしてちゃんと修理ができれば1日で15万円などが稼げる修理屋さんにとっては稼げて自分の自信にもつながる機会となります。

Vision Proゴーグルを分解組み立てした後に目線でカーソル操作を行う事ができる機能に対して、人差し指と親指をつまんで選択行為をする手の操作とレンズから見えている位置がズレてしまうと「組み立てられた角度が違うからセンサーが反応していないと思う」などの不具合を発生させたりしますので、必ず修理をし終わった後に1時間ほどは楽しんで操作をして音声や映像の確認と充電料の消費が異常では無いか確認をすべきです。

修理分解した事がない端末の美しい仕上がりを実現するためには、失敗や成功を繰り返した分解作業を10年ほど訓練しないと、実際に傷を付けないように離脱させて隙間に異物が混入していたりして変形した組み立てをしてしまう「どうして失敗してしまうのか?理解に苦しむ」現場の状況を打開する事はできません。

解決できる事もありますが30時間など時間を使う事になりますので、あまりにも無鉄砲に分解をして何も考えずに物理的な角度や設計を無視して「なんとかなるでしょう!!」の様な気楽にVision Proの分解修理をすると金額が高い機種になりますので顧客とトラブルに発展するでしょう。

Vision Pro デベロッパー専用故障不具合診断ケーブル販売A2776ストラップ
Apple開発者デベロッパーアカウントログイン有料アメリカ

故障箇所を診断するためや機能の具体的な性能把握とアプリ開発のための挙動を確認するなど、動作環境の可視化をするために Vision Pro の工場出荷時に設定されている iOS 17.0 デベロッパー ベータ 1 のリリースノート、Apple米国デベロッパー専用でアクセスする事ができる【Vision Pro デベロッパー ストラップ モデル番号:A2776】AppleストアやApple公式代理店は故障診断するために活用可能で、アプリの開発やサードパーティー開発など動作や故障診断テストの両方に使用できます。Type-C接続する開発者キットストラップになり Vision Pro 用の「開発者ストラップ」はデベロッパー専用に300ドル(約45,000円)で提供しています。

Vision Pro ヘッドセットゴーグルには Find My Vision Pro 位置追跡機能(FMV)がありません。Vision Pro はアクティベーションロックのみを標準搭載しています。所有者の Apple IDとログインのためのパスワードを知らない限りヘッドセットを消去したり新たにセットアップしたりすることはできませんので盗難された場合には位置情報は分からなくなりますので外出先で気軽に使うなどしないように注意してください。

Vision Pro 用の開発者ストラップデベロッパー販売

どこが破損しているか点検や検証する事は、ドローンの故障修理を想像すると分かりやすいと思います。ジンバルカメラの挙動や動きや映像の震えなどでどこの関節がショートしているのか、具体的な故障箇所を断定する事はできずともおよそジンアバルカメラのコントロールボードが破損しているかなどは分解修理をしている人なら検討が付いてきます。

故障箇所の位置やパーツの不具合を発生させている場所の検討がついたとしても、実際に美しく丁寧に分解をして仕上げ組み立てしなければいけない労力になんら変わりにはありませんので、Vision Pro Test Diagnostic Cable(Apple Developer Strap/デベロッパーストラップ) を手元に入手する事をまず最初に考えるのではなくて本質は分解と組み立てする技術力にこそあるので、診断ケーブルが修理作業をしてくれる訳ではありませんから、誰かに寄りかかるような他人任せで自己解決力が無い指示待ち人間のような思考にならないように間違えないようにしたいです。

動画やBLOGなどで分解の方法と故障については皆様に応援されている事も認識しておりますので、必ず端末の改善方法について無料でご紹介ができるように命と時間ををかけて最善と尽くしてまいりたいと考えております。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA