営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

ホームページいつもご覧頂いてありがとうございます。
かなり記事も増えてきているので以前の記事も見ていただくと、お持ちのスマホやパソコン、ドローンが何か起きた時に修理店へ持ち込むまでの最低限の保管方法なども書かれているかと思いますので、気になる方は是非遡って見ていただけると助かります。

さて緊急事態宣言が解除され、まん延防止等重点措置に移行しましたが、去年に引き続き人通りが多い施設や街等は避けている方は多いんじゃないでしょうか? コロナが流行してからはご家族連れや私の友達も釣りやキャンプなど野外で楽しめる趣味を見つけている方が増えました。その影響なのかは分かりませんが、今はドローンも野外の遊びを手軽に遊べるアイテムとして一般の方にも数多く普及しています。
GoProもいいですが、大自然の中で上空からの風景を自分で操作して見れたら最高ですよね。
そんな中で当然多くなるのが、ドローン関連の修理です。

例えば、山でのキャンプ中の急な突風によって操作できなくなり、木にぶつかって下に落ちてしまったという場合。
目で見て分かる外傷、プロペラのアームの部分が折れてしまっていたり、カメラが割れてしまっている場合などは、修理する箇所がはっきりしているのでまずその部分を取り替えて動作を確認します。最善の場合はそこの取り替えにて正常なドローンでお渡しできることがお値段もお安く修理に取り掛かってからの期間も短いかと思います。ただし、スムーズにいかないことがドローン修理のあるあるでもあります。

木に落下した時の衝撃で、ロジックボードをとアームやファン、カメラなどを繋いでいるケーブルが断線、もしくは接着部分の端子が何本か折れてしまっているなど、目には見えないトラブルも含まれています。送信機と接続できない場合は、Wifiの部分も壊れている可能性もあります。パソコンでもスマホでも同じですが、そういった際はどこが悪いのか、原因を一つ一つ根気よく見つけていく作業になります。分解してその部分が見つかった場合は、その部分を新しいパーツに交換して組み立て、動作を確認します。複合的に原因がある場合は、もう一度組み立て、動作を確認します。

それでも原因がわからない場合は、今正常に動いている同じ機種の店に置いてあるドローンにロジックボードなどをすべて入れ替えて動作確認します。そこでもうまく動作しない場合は、ロジックボードに原因があるため、その交換になります。この場合だと、中古で正常な機種に買い換えた方が安くなることが多いので、よほど思い入れがない限りはそのご提案をさせていただくこともあります。
正常に動作した場合は、ロジックボードに異常がないということで中のケーブル類、パーツに何か異常があるということで特定していきます。ドローン関連のジンバルケーブル、パーツ等は大量に仕入れていますので在庫もあるかとは思いますが、機種や交換部位によって取り寄せになる可能性もございます。その場合は、海外からの取り寄せになるため、お時間を長く頂戴してしまうこともあります。

といったものがドローンに限らず、すべての修理が必要な機材に関して言えることになります。
お客様の中には、アームの交換だけでなぜそんなに時間がかかるんだ!とお怒りになる方もいらっしゃいますし、お気持ちもよくわかります。目で見える部分だけの修理で正常に動かない可能性もあるということだけご理解いただければと思います。
いつまでに直せる?というのはあくまで目安です。目視で確認できる外傷の交換のみで直る場合と、さらに点検、修理が必要な機体もあり、修理ご依頼を受ける多くが後者に入ります。(経験上)
直らないことがあるのも修理のため、大きな気持ちでお預けいただければ、スムーズにやり取りが可能と思います。

ぜひ、お手持ちの不調な機体、修理が必要なものがありましたら、まずはLINEトークの方からお問い合わせいただければと思います!

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。