営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPadやiPhoneのホームボタンが抜け落ちてしまってボタンが押せずお困りのお客様も多く修理ご依頼頂いております。

ホームボタンが抜け落ちてしまう理由としては
・経年劣化
・画面割れ(落下)の衝撃によるもの
・強く押し込み過ぎた

この3点が理由になる事が多いかと思います。

防げそうで防ぎきることが難しそうな理由で壊れてしまうためなかなか壊さないようにするとなっても予防出来ることは”やさしくつかってください”それだけしか言えないかもしれません。

ホームボタンにTouch ID機能がついているものであればちぎれてしまいパーツを交換して修理するとTouch IDとしての機能が全く反応がなくただのホームボタンとしてしか使うことが出来なくなるのが難点です。

ただ当店のような街の修理屋さんに出すと機種によりますが8000-11000円前後で修理ができることがメリットかと思います。

(公式の修理だと本体ごと交換修理となり保証がきれていると本体の1/3から1/2の金額になるとか、、)

なるべく安く使えるように直したい方にはとってもよい安価で修理できますのでオススメですが、Touch ID(指紋認証)が気に入っているのであればApple公式での修理が高くても公式で修理してもらうのが良いかと思います。

なぜホームボタンのパーツを交換してしまうかざっくりと説明するとすると

ホームボタンAと本体基盤Aは同じ端末番号で管理されていて紐づいているパーツのためセキュリティをロックしたりアンロックしたりなどしっかりと連携して動作してくれるのですが

新しいパーツとして交換するホームボタンBと本体基盤Aは同じ端末場合で管理されてないためセキュリティの機能までは復活出来ないようになっています。

調べていると書き換えなどが出来ないこともなさそうではありますがシステムの修理をするとなると調べる時間が以外と長くなったりやってみる研究の時間が長くなったり、すぐに必ずできるようにするために時間を要する上にその間にiOSがどんどんアップデートされてしまうというなんともなんとも修理屋さん泣かせな状況にあります。

前までは物理的損傷の修理以外にもアクティベーションロック解除の修理をしたりじっくり時間をつかっても大丈夫なくらいには余裕があったのですが有難いことに物理的損傷の修理で御来店だけではなく郵送でもご依頼いただくようになっており、最近はシステム関連でお受けできる修理の幅が少し狭まってしまっているのが現状です。

リンゴマークから起動しない端末の修理もお受けすることがありますが、修理できるか出来ないかは五分五分なところはあるかと思います。

Face IDがなぜ壊れてしまうのかもある程度調べて直せる直せないなど壊れ方によりますがお受けすることが出来るようになってきましたがみなさんがみなさん同じ壊し方をしている訳ではなかったり、見た目にもパーツ交換しても問題がなかったりなどすることもあります。

修理に出したら絶対直ると思ったのに、とたまーに激怒なさる方もいらっしゃいますが100パーセント必ず直ると確約することはできません。どのように壊れてどのように直して必ず直りますとパータン化されているのは画面やバッテリー交換くらいな気がしますしその両方の修理でも交換しても調子が良くないということも10パーセントほどはあったりします。

Appleの公式での修理ほど手厚いものはなかなかないかと思いますので修理やさんとしても自分のことを少しでも鈍臭いなと思う方は購入時に必ずApple Careに入ることをおすすめします。

ホームボタンの修理用のパーツはApplemac通販でも購入できます🙌🏻

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。