営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

間違った倍率の顕微鏡で無ければなんでも大丈夫です。ロジックボード基板や充電口など具体的な故障を改善するための解説をする機会が今後増えますので修理屋さんや修理が好きなお方は当店が動画などBLOGで可能な限り詳細をお伝えしてまいりますのでぜひご参加ください。お金が必要になりますが50,000円から100,000円ほどの資金があれば実行する事ができます。

150,000円ほどお金に余裕があると、iPhone X / iPhone XS / iPhone 11 / iPhone 12 などロジックボードとシグナルボードを分離セパレートして水没修理や目で確認して破損個所を特定する事ができますので余分なお金がある場合には特に説明することは無いと思いますので今日はお金が少ない場合にどうしたら良いのか今時間がある限りお伝えさせていただきます。

私は基板専門で修理作業をしているのではありません、販売やお客様のお悩み事すべて、すべてのデバイス、すべての状況に対して汎用性高くお客様ご対応する事ができる人格をメリットとして活かして営業と作業をしています。人と街と触れ合い楽しく営業しているイメージです。

これはデメリットがあり専門的に一つの部門を担当していませんので詳しくなる期間のスピードが遅くすぐに忘れてしまう事もありますので実際にロジックボードの超専門店のお方からするとつまらない内容であるはずです。

日本は裕福でお金がある経済状況の国で、諸外国の貧困なお国柄の場所では修理をして直さないと生活できない場合もあり技術が安く提供される場合もあります。

日本では修理するより新しいのを買うという選択ができる用意がされていたり、選択する自由が多くありますので修理は専門過ぎると集客するのも大変で店舗営業するにあたりすぐに導入するのは機材を用意したり大変ですので簡単には営む事ができないとされるのがロジックボード基板の専門のお店です。

私がまだ経験も技術も未熟でロジックボードの端子をなんども交換したり作業途中で別の端子を間違えてはずしてしまったりと機材を用意する資金もだいぶ不足していますのでまだ頑張らないといけませんが、駅前や自力でiPhone/Androidの修理をするお店がどんどん閉店している状況でこれはコロナウィルスの影響は深く関係ありません。その前から閉店ラッシュは続いており同じ様な修理屋さんがどんどん増える事を望んでいますし協力して何か出来ないか?常に新しい事や可能である事を考えているのですが、その中の一つが修理屋さんであれば顕微鏡をいますぐ買うという事です。

iPhone 11 / iPhone 12 / iPad Pro 11inch / MacBook T2&M1 CPUが発売と登場している事で壊してしまう危険性や修理の難易度が高くなりましたので、対応するつもりが無い場合には閉店してしまうのも一つの手だと思いますが、iPhone 14 / MacBook T4 CPU などが発売され修理を取り扱いすると思われる2年以上先を想像して予定するために今の時期にロジックボード基板の修復や故障を見れる様にならないと職を失い家族や自分のお金が少なくなり大変な事になりますので十分にご注意をして頂きたく私が出来ることは、今実際に本当に考えてこれから実行しようとしている事を、この記事で注意をさせていただく事かなと思いました。

画面のパーツの品質を理解することや、修理用バッテリーの在庫が放電して壊れてしまわない様に、楽しく修理する、あまりにコンを詰めて自殺したいなどイライラして大変思いをして修理屋さんをしないためなど動画やBLOGでお伝えさせていただいております。

当店の技術でも起動しない、画面がタッチできない、Wi-Fiがグレーアウトしてスイッチがスライドすらできない修理などロジックボードの不具合を直す事で一件あたりの特殊な修理で30,000円〜80,000円をいただくなど、ある程度可能になってきたので、顕微鏡でする最初の修理から難しい修理など、故障原因が多いものなど何かヒントになる事をお伝えする事ができる時代にさしかかって来ましたので、一緒になって見てて覚えたりコツを掴んで進化していくことは大切で急に難しい事を言われても意味が分かりにくかったりしますから絶対に必要な機材になりますので30,000円ほどで購入する事ができると思います。顕微鏡を購入して用意する事ができない場合には当店に同じものが40,000円ほどあれば仕入れしてお送りしますのでお困りの際にはお気軽にご質問ください。

詐欺をするために悪用されるケースもあると思います。顕微鏡や機材を揃えて直す事ができないのに直らなくても15,000円を貰いますとして修理を受け何もしないで「あー無理でしたね・・・。」という場合も考えられます。

残念ながら直らない事もあり直らなくてもお金をちょうだいせざるをえない事も実際にありますので、地域の人や街の人に悪い印象を持たれて偽プロショップとならない様に正しい業務をしないと閉店してしまうと思いますので一時しのぎの詐欺をしない様にご注意いただきたいと思います。修理屋さんは技術とテクニックを売る商売で特殊な専門家です。悪い考えを続けていると必ず自分に返って来ますのでお忘れない様にしていただけると幸いです。

いくつか顕微鏡を調べましたが、7X-45Xの倍率の顕微鏡であれば良いみたいです。必ず映像を映し出す事ができる3つ目の一眼の縦のレンズがあるモデルをご購入ください。

顕微鏡に装着させる映像を映すカメラを買う場合には、これはまずは買わなくても大丈夫です。他人に見せたり解説するので使うので無くても大丈夫です。

ピクセル数 4500w HDMI1920x1080 60FPS 以上のカメラを選択していただければ基本的なここ最近の2021/3/12で新しい物である事が確認できると思われます。この条件が表記されていない物はウソっぽいものもありますので購入にはご注意ください。価格帯として11,000円〜15,000円です。

顕微鏡を取り付けるアームにも種類がありゴムマットとセットになっているアームを購入すると物により高くなりますので最初は顕微鏡の部分だけと修理用のゴムマットと支柱がセットになっている物などが良いと思います。海外ではそれらアームなど13,000円ほどで買う事ができると思います高いものになるとアームだけで30,000円などするものがありますので使いやすさとして間違わない様にゆっくり考えて作業をするスペースの周囲に別の機材がたくさん並ぶ事なども考えて、固定型の通常の顕微鏡スタンドが良い場合もありますのでご検討ください。

顕微鏡の倍率についてや SZMN の顕微鏡が絶対にベストで良いという訳ではありませんが、1ヶ月調べてましたがどれも同じ様なものらしいので黒いからカッコいいなどデザインに騙されない様にして普通の物を安くもなくて高くも無くて買うのがまずは良いかと思います。そのためには顕微鏡以外に専用のピンセットや修理のための工具は50,000円や150,000円などが今後必要になってきて、あまりにも無駄に買い続けて工具や機材を買うだけで実際に修理する時間や研究する時間が無いとして使わない様にならないためにゆっくりと工具や買いたい物を選んで行けたら良いのですが、海外では送料が10,000円ほどする場合も多くどうせ買うなら150,000円ほど一気に買ってしまいたくなりますが半分ほどの70,000円以下ほどから定期的に注文をした方がリスクヘッジになりますのでその点についてもご無理をされない様にご購入の際には十分に冷静に体調が良い時に焦らず購入と支払いの操作をPaypalを経由して詐欺サイトから買わない様にされてください。およそ2021年の5月頃にはその様な顕微鏡を使う修理の説明が多くなってくると勝手ながら予想がされます。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。