営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

OPPO Reno 5A(日本/JP)/A93 5G/A74 5G/A54 5G/ 6.5インチ『DIO649JN03』ディスプレイは全て同じディスプレイパーツが使われています。オリジナル品質かコピー品質か値段も違いますし品質が違うと区別がありますが、何度か経試して経験した結果としてはオリジナル品質を注文した後に別のアカウントから販売者であるセラーに連絡をしてコピーを購入したら全く同じ品質のパーツが届きました。

もちろんオリジナルとコピーがハッキリ品質に違いがある商品もありますが、オリジナルと注文をしたとしてもメーカーが製造したものと全く同じの純正品が手元にパーツとして到着しない事が多く場数を踏んで様々なパーツ仕入れ業者を介して経験をして自分でパーツの良し悪しと値段を考慮した上で海外からパーツを仕入れするということは5日で手元に到着する方法で輸送してくれるセラーと15日〜20日で手元に到着させてくれるセラーもいますし、騙すつもりでオリジナルパーツをコピーパーツであると分かっているのに送られてしまう可能性も非常に高いので一度頼んでみて信頼に足りるパーツが到着するかはやってみないと分からない不安定さは常に残っています。

Aliexpressから注文をするとOPPOやHUAWEIであっても品質が悪いパーツを購入してしまう事があります。

中国で製造されているメーカーであるから全てがオリジナル品質のディスプレイが到着するとは限りません。

まずは送られてくる商品の梱包がどれだけ丁寧に包装されているか判断材料にするのは日本のメルカリやヤフオクで購入する場合と同じで適当に雑に梱包をしている人は大抵は悪い商品である可能性が高いので元に装着されているディスプレイと全く色味の発色に大幅な違いがあればコピー品である可能性が非常に高いです。

これらは経験に基づいた憶測でありどのような商品がパーツ購入者の手元に届くのかを不安にさせる意味では無くて相手方に確認をしてから購入をすればトラブルが限りなく減らせる事になりますので返品や返金が可能な場所でかつ言った言わないを防止するために事前にオリジナル品質であるか確認する必要があれば詐欺や誤認させられて間違った商品を手に入れてしまう可能性を低下させる事ができる仕入れ技術の解説です。

中国人の性格は自分の都合を自然と優先してしまい適当なのが悪いところです。

日本人は優し過ぎて泣き寝入りするのが良い事だと考えており事なかれ主義であり、相手に申し訳ないことはしない様するという常識を持つことが礼儀であると勘違いしている優しい部分であるとお門違いをしている思考方法は基本的には悪いところです。

単に損しているだけです。

中国人の方には勝手に手数料を取るや説明不足であるなら確認するなど問題があれば連絡をして指摘して正す様に追及したり文句をちゃんと伝える行動をしなければいけません。

そういう適当に送料を上増しして値上げしたり適当な商品を送る事が中国社会では一般的でごく自然な事であり当たり前な世界観なのです。

OPPO Reno 5A / OPPO A54 モデルが同じディスプレイパーツ画面修理
OPPO Reno 5A / OPPO A54 モデルが同じディスプレイパーツ画面修理

OPPO Reno 5A は楽天モバイル、IIJmio、Y!mobileなどが日本で独自に販売している機種名に変えられており外見は同じでも多少の寸法に違いがあり性能も違いがあります、LCD (LTPS) Snapdragon 765G/メモリ6GB/ストレージ128GBにて販売されていますが、OPPO A54 は Snapdragon 480/メモリ4GB/ストレージ64GBの性能で海外・国内で販売されています。

基本的にはOPPO A54と同じパーツが取り付けられていますのでOPPO A54のジャンク品や中古品がネットで安い値段で購入できてしまうのであればOPPO Reno 5Aのロジックボード基板コンピューターを入れ替えてしまえば利用できます。

Galaxy や HUAWEI などによくあるのですが、海外で売られているモデルと日本で売られているモデルが同じ機種名であったとしてもディスプレイと背面バックパネルの縦横の長さが2mm短いディスプレイパーツ商品を間違えて仕入れしてしまう可能性がありますので、良く分からない場合には海外から注文するま場合には事前に寸法を図り写真を撮影して相手に送付してから『Please Check dimensions before shipping=念のために寸法を確認してから出荷してください。』と事前に連絡をしておけば、万が一間違った寸法の商品が到着した際にお金を返してもらえる可能性は高くなります。

まず最初にディスプレイをプライヤーや吸盤である程度の隙間を開けさせてディスプレイが簡単にヘラを挿入して分解できるようになる下準備を終えてからバックパネルの分解を進めたほうが『ディスプレイと本体外観フレーム枠にダメージや傷を付けずに』美しい仕上がりができる可能性が高くなります。

ディスプレイの販売は7,000円ほどであればお店に在庫があるものはすぐに郵送でも販売する事ができます。

ディスプレイの取り替え交換修理はご来店では3時間ほどで12,000円(消費税/送料別)ほどの料金になると思いますが納期と料金についてはお問い合わせの段代で再確認をお願いいたします。

ディスプレイのを取り剥がす作業をするためを考えすぎてしまいバックパネルを先に分解をしてからディスプレイの修理を進行させてはいけません。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA