営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

今まで通りデータ完全回復!!本体容量ストレージが0.2GBや0.5GBしかないのに深夜に自動アップデートされてしまい本体容量ストレージが限界を超えてしまいリンゴマークループのAppleロゴマークフリーズしてリンゴマークが点灯・点滅して故障してしまう場合にはいくつか簡単にできる解決方法があります。

一番有効なのは本体の充電を完全に放電して全く画面に表示がされないほど充電を空にしてさらに電源ボタンを1時間おきに何度か押したりしてから3日ほど放置して電池が完全に無くなった放電状態になった事を確認してから、再度充電をして見ると復活する可能性があります。

iPhone/iPad本体を修理分解する事ができる場合にはバッテリ接続を解除して本体の静電気を放電したりしてから数時間放置しておく事で同じような作業がありますので簡単に回復させる事ができる事が意外と多いです。もしくは何度かリスタートしたり強制再起動したり繰り返していると正常に点く可能性があります。

アップデート後すぐであれば3uToolsを使いダウングレードが可能な場合がありますが特殊な作業やシステムソフトウェアについて慣れた経験が必要になりますので事前に練習したり訓練していないとすぐに実行することは多分できないでしょう。
iPhone/iPadデータそのままリンゴマークループ修理20,000円
データストレージが保存されているNANDチップを取り出し機材に直接接続する事でキャッシュやメモリをリセットする事ができます。データ内容は暗号化されていますが、無作為にアプリであるや写真や動画であるとおぼしき一部のデータを削除する事でフリーズして固まって使いもにならないリンゴマークフリーズの状態から起動させる事ができました。

ネットで調べるとダウンロード販売されているいくつかのソフトウェアがあり回復させるためには必要なアプリケーションもあり当店でも分解前には試しますが簡単な作業で直った場合でも基本的には20,000円ほどの料金をいただく可能性があると事前に説明する場合があります。

可能であれば8,800円にて修理ができるように試みますし、初期化リセットをして直しても良い、中身のデータは全て失ってもかまわないという場合もありますので8,800円の基本料金からご対応する事もあります。データが無くなってしまうと大変だと焦る前に、まずはパソコンや他のiPhone/iPad/タブレット端末からiCLoud.comにアクセスしてデータが保存されているか確認するのも大切な手順ですので修理ご検討前には必ずご自身でクラウドにデータが保存されているかご確認をお願いいたします。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA